一般社団法人
量子生命科学会

インフォメーション
information

量子生命科学に関連するお知らせ等を掲載しています

「DNP研究会」のご案内

研究者、関連企業の技術者・ご担当者様

拝啓、紫陽花の花が雨に映える季節となりました。皆さま方には益々ご清祥でご活躍のこととお慶び申し上げます。

さてこの度、7月12日(火)「DNP研究会」(大阪大学・Zoom)を開催する運びとなりました。動的核偏極(Dynamic Nuclear Polarization, DNP)は、外部からの制御によって核スピンの偏極率を向上させる技術を指し、より狭義には試料に少量ドープした分子の電子スピンにマイクロ波やサブミリ波を照射して核スピンへと偏極率を転写する技術を指します。最近では、NMR・MRI実装への期待から、マテリアル、化学、生物学、医学、医療への応用が盛んに検討されるようになってきました。

本研究会では、DNPを研究する様々な分野の研究者と、関連技術を開発する企業の技術者、そして、DNPによる応用を目指すより広い分野の研究者・技術者が一堂に会し、これからのDNPの応用や社会実装の開拓を目指した世界的潮流・問題意識の共有と、分野の枠を超えた議論・交流を行います。初学者を含む幅広い分野からの積極的な参加をお待ちしております。

   DNP研究会
   日時:2022年7月12日(火)10:25-17:30
   場所:大阪大学南部陽一郎ホール
    (講演者以外はオンラインZOOMです)
   参加費:無料

   サイト:https://sites.google.com/huhep.org/dnp/

   講演者とタイトル(順不同、敬称略) 

  • 小畠 隆行(QST)DNPチュートリアル~固体NMRおよび固体DNP-NMRの基礎
  • 杉木 俊彦(阪大)NMRチュートリアル~創薬のための溶液NMR実験の概要と実際
  • 高橋 大樹(JEOL RESOANCE)DNPチュートリアル~固体NMRおよび固体DNP-NMRの基礎
  • 立石 健一郎(理研)トリプレットDNPによる室温核偏極:原理・装置・現状の課題
  • 香川 晃徳(阪大)極低温DNPによる超高感溶液NMR : 実験手法、装置
  • 宮西 孝一郎(阪大)核スピンシングレット状態による超偏極液体の長寿命化
  • 根来 誠(阪大)室温超偏極MRI/NMRの応用開拓
  • 高草木 洋一(QST)がん研究における低温超偏極 MRI/NMR の応用
  • 高堂 裕平(QST)超偏極MRによるエネルギー代謝イメージング:From mice to Human
  • 楊井 伸浩(九大)トリプレット超核偏極の材料化学:新偏極源と偏極対象拡大
  • 森田 靖(愛工大)有機合成化学者による量子技術・超偏極へのアプローチ
  • 寺内 勉(大陽日酸)安定同位体標識技術の超偏極分子への応用展開
  • 犬飼 宗弘(徳大)共晶・混晶のトリプレットDNP
  • 山東 信介(東大)長寿命核スピン偏極分子プローブの精密設計


ご興味ある方は、是非この機会に奮ってご参加ください。参加登録については、上記のホームページに掲載してあります。またお近くに興味を持ちそうな研究者、技術者の方がおられれば、この情報をお伝えいただけると幸いです。なおコロナ対策の観点から、今回は講演者を除きオンライン参加に限定とさせていただきます。 何かご質問等ございましたら、遠慮なく下記にお問い合わせください。
dnp@ml(エル).hiroshima-u.ac.jp

なお本研究会は、Q-LEAP量子生命フラッグシッププログラムの支援を受け実施しております。

DNP研究会世話人一同
敬具

DNP研究会世話人
根来誠(大阪大学)、香川晃徳(大阪大学)、 三枝公美子(QST)、藤田維明(大阪大学)、飯沼昌隆(広島大学)

量子生命科学会令和4年度学会賞募集要項
(受付終了)

一般社団法人量子生命科学会では、下記の要項で令和4年度の学会賞(研究奨励賞ならびに若手優秀賞)を募集します。要項をご参照の上、候補者をご推薦くださいますようお願いいたします。

令和4年度会長    平野 俊夫
令和4年度表彰委員長 田中 成典

令和4年度学会賞推薦要項

以下の2賞を募集いたします。
1)研究奨励賞(Research Promotion Award)
2)若手優秀賞(Young Scientist Award)

1)「研究奨励賞」候補者:量子生命科学に関連する研究において顕著な業績を挙げた、令和4年4月1日現在において満45才以下の本会会員(推薦時)が対象です。
2)「若手優秀賞」候補者:量子生命科学に関連する新規性に富む優れた研究を行った、令和4年4月1日現在において満32才以下の本会会員(推薦時)が対象です。
但し、上記候補者の年齢制限に関し、A) 出産、育児、介護、その他の事情による中断などの期間を除外する、B) 研究奨励賞に関しては学位取得後10年以内であれば応募可能とする、の2点について、申し立てに応じて例外事項として考慮します。

推薦者:本学会員(正会員、団体会員、学生会員、海外会員、賛助会員、功労会員、栄誉会員)は、自薦・他薦を問わず各賞に対して1名以内の候補者の推薦が可能です。但し、他薦の場合には、候補者の了解を得て下さい。

表彰件数:各賞とも原則2件以内とします。

表彰:令和4年5月26日(木)-27日(金)に予定されている量子生命科学会第4回大会において授賞式を開催し、受賞者に賞状および記念品を贈呈します。また、受賞者に、第4回大会での受賞講演をお願いします。

推薦締切:令和4年3月31日(木)

推薦方法:推薦者は、1)表彰候補者の履歴書、2)代表論文リスト、ならびに3)研究業績と本学会における活動内容の説明を含む推薦理由書を自由形式で各1ページ以内の PDF ファイルとし、候補者の代表的論文(研究奨励賞は5報以内、若手優秀賞は3報以内)のPDFファイルとともに、電子メールの添付書類として下記表彰委員長宛に送付してください。

推薦書類提出先:令和4年度表彰委員長
神戸大学大学院システム情報学研究科
田中 成典

令和4年度学会賞は厳正な審査により決定されました。

お問い合わせ
contact

量子生命科学会事務局
営業時間 10:00-17:00(平日)
〒106-0031 東京都港区西麻布3-1-17 NISSHIN BLDG 3F